演劇ユニット東京マハロ。俳優兼、演出家、ブライダル事業、他を手掛ける矢島弘一によるブログ

by tokyomahalo

「さん」付け。

ほい来た月曜日。
一週間ってほんと早いのね。
このところ、色々な話が舞い込んでます。
マハロしかり、運送屋しかり。
もちろん良い話しね。
わくわく、ドキドキ、あぁ楽しみ。

ふと思い出したことを一つ。
先日、三軒茶屋の駄菓子屋バーで飲んだ時に
盛り上がった「ピロティ」の話。

知ってます?ピロティ。

ピロシキじゃありませんよ。
ヒロキチでもありません。

「ピロティ」です。
そういやこれ、知らない人多いみたいね。

これはですね、千代田区の小中学校を卒業してる人は分かるはず。
あ、新宿区でも港区でもありかな。
当時は実感ありませんでしたが
ワタシが通っていた小学校の校庭は
一周80m。
直線じゃありませんよ、一周です。
びっくりした?
そんで、下はは土じゃなくてコンクリート。
だからサッカーやら野球でスライディングすると大変。
傷にならず、痣もしくは骨折になります。
ちなみに運動会の花型種目、リレーでは
高学年が2周すると言うルール。

そんな狭い校庭を有効活用し
ワタシたちの遊び場所を提供してくれ
雨の日でも外で体育の授業をやらしてくれたのが
「ピロティ」さんです。
「ピロティ」さんはワタシ達のヒーローでした。

そうです、ピロティは「人」なのです。

←嘘です。

ピロティ知りたい人はこちら。

「ピロティ」さん。
下画像、ピロリ菌。
a0121844_134922.jpg
[PR]
by tokyomahalo | 2011-10-17 13:52